豊里牛部門年表

豊里実顕地牛部門年表

 

1969年 豊里実顕地誕生

1977年 北海道別海実顕地より4頭の乳牛を導入

1978年 実顕地生産物として「ヤマギシ牛乳」が誕生

1978年 ネオポリス開発農場で堆肥を使い始める

1980年 肉牛部発足

1985年 和牛の生産を始める

1990年 乳牛の成牛1300頭 毎日の催乳900頭

1992年 フリーストール牛舎ができる 牛舎を移転

1994年 受精卵移植による和牛の生産が本格化

1995年 肉牛4100頭に

2001年 麦ワラ収穫スタート

2002年 稲ワラ収穫を豊里周辺に集約

2006年 飼料イネ(稲発酵粗飼料)スタート

2009年 飼料ムギスタート

2012年 コンビラップマシンによる発酵TMRの作成、利用本格化

2015年 牛用飼料への飼料米試験利用開始

2016年 和牛受精卵の販売を開始

2017年 乳牛新牛舎稼働 ロボット搾乳開始

 

飼養頭数 肉牛約1500頭 乳牛700頭(2016年現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です