短かった…

image

日曜日。
またまた朝早くから
「モーモーいこうよー」
を連呼する次女。
おぉ~、お話が少しできるようになってきましたねぇ!
じゃあ、ここで私も…
「モーモーのところ行く子は、歩いて行くよ。抱っこはしないよ」
(うんうん)
ホントかなぁ~、抱っこ虫~。

リュックサック背負って、さぁ出発!
おぉ~、一度も“だっこ~”を言わずにズンズン歩くじゃん!!

牛舎に着くと
「モーモー、おあよー」
「モーモー、おあよー」
あ、ちなみに“おはよう”と言っています。
で、さっそく何か(いらん事を)したい次女(苦笑)。

image

「モーモーおいでー」
と言いながら、床(とこ)用のモミガラをサラサラ入れていきます。
これをめちゃくちゃ嬉しそうに何度も何度もくり返します…。
…が、しか~し!!
オネエサン、それ、届いてませんから(笑)!!

image

無情にもモミガラはただ入り口の所に積もってゆくだけなのでした…。
もっと大きくなろうね~♡

牛舎で大合唱!

image

大事に大事に1頭ずつ小部屋でお世話してきたA牛舎の子牛たちも、離乳して大部屋飼いになりました。
かなり大きくなったとはいえ、まだまだ子ども。
今は一日中、
「ミルク欲しいよ~!」
「ミルク欲しいよ~!」
の大合唱です!!
小部屋の頃は静か~に暮らしていたのに、こんなに大きな声が出るんだね~。

ちなみにこの子牛たち、来年の9月に宮城県で開催される全国和牛能力共進会(5年に一度の和牛オリンピック)の候補牛です。

image

たくさん食べて大きくなあれ♡

ウシとヒトの攻防

image

2年後の全国和牛能力共進会(5年に1度の和牛オリンピック)に向けて、繁殖メンバーで飼育している子牛たち。
離乳までは毎日2回、主に洋子さんと私が手で哺乳していて、水やエサは1頭1頭にバケツを付けています。

9月に産まれたこの子達ももう3ヵ月。ずいぶん大きくなりました。
が、チカラが有り余りすぎて、エサや水のバケツを破壊するのです…(涙)。
このところ、毎日その対策に追われる私たち…。
ここで大活躍しているのが、大型タイヤチューブ!!古いタイヤのを再利用しています☆

image

image

この攻防、まだまだ続きそうです…。

“モーモー病”

image

3日ほど前から“モーモー病”にかかってしまった次女。
夕方、太陽の家にお迎えに行くと、
「モーモーいく!」
夕食とお風呂を終えて帰る時にも
「モーモーいく!」
朝、太陽の家に行く前にも
「モーモーいく!」
 
………これだと如何にも牛のことが大好き♡♡♡みたいに思われるでしょうが、実際のところは、まだまだ「かい!(こわい!)」んだそうです(笑)。

さて今日は日曜日。
もちろん、朝から
「モーモーいく!」
あ〜、やっぱり…。
なので今日は午前中ずーっと、子牛の所にいました。
おかげで少しずつ慣れてきたみたい。
初めは私にしがみついて離れなかった次女。
でも時間が経つにつれて、お手伝い(のつもり)が出来るまでに…!!

image

image

image

何だか“モーモー病”が更に悪化しそうな予感…(苦笑)。

くに絵ちゃん、今日は半日お世話になりました☆

おそるおそる…

image

11月の親子デー♪
この1ヵ月でかなり大きくなってしまった(?)子牛たちに、お姉様たちがミルクをあげるのはもう無理そう。子牛たちは相当チカラが強くなっています!!

なので、今回はせっせとミルクづくり☆
「おいしくなぁ~れ♡ おいしくなぁ~れ♡」
と、仲良くかき混ぜてます。

ミルクのあとは、エサやり草やり。

ちょっとビビってますが(笑)。

お姉様たち、来月もヨロシクね♡

出ました!最高値!!

image

image

今日は松阪の子牛市でした。
私は豊里で留守番していたのですが、松阪に行っている夫からLINEでメッセージが来ました。
夫「今日は高いわ」「〇〇万」
私「えっっ…、それ、うちの牛?」
夫「そう」
私「マジで?!」
……しばらく言葉にならず。

豊里の肉牛部が始まった時からいる義樹さんに聞いたところによると、うちの歴代最高値だそうです。
一緒に居残りしていた洋子さんとお弁当を食べながら、もちろん話題はセリのこと。
洋子さんが肉牛部に来た頃は、30頭セリに出しても本当に安い値段しかつかず、半分は売れずに連れて帰っていたそうです。
その更に前のことは分からないですが、これまで20数年間、紆余曲折を経てようやくここまで来たんだなぁ…と、また新たな動きが始まったこの一年と合わせて、しみじみ感じ入る私でした…。

あ、ちなみにお値段はですねぇ…、数字を出すとちょっとイヤラシイので、ここでは控えさせていただきました(苦笑)。すみません、想像にお任せします…。
お金の要らない社会を目指しているとはいえ、これだけ高く買っていただくと、やっぱり嬉しくなってしまうものですねぇ…。