道を拓く…か?!

初めに言っておきます。前置き、長いです…(苦笑)。

このブログで度々投稿している、和牛のゲノミック評価(DNAを検査して遺伝的能力を推定する方法)ですが、昨年ゲノム解析をした繁殖和牛の中で、BMS(脂肪交雑)の値が全国的にもトップレベルの牛が豊里にいることが判りました(これも、昨年投稿しましたね)。

で、その母牛に今をときめく「福之姫」(オスだけど、“姫”)という種雄牛を掛け合わせて産まれた子牛がオスだった場合、ぜひゲノム解析をさせて欲しいと、種雄牛を造成している団体から要請がありました。

もちろん産子は“受精卵移植”で誕生させます。

ここまでが去年の話です(先の長い話ですね…)。

で、その子牛が2頭産まれまして、しかもそれが2頭ともオスだったんです!

早速、その子たちの毛根を採取して、ゲノム解析の申し込みをしました。

さらに、そのすぐ後に、また2頭、ゲノム解析で値の非常に高いのが出たと連絡があり、しかもその2頭の母は同じ牛で、受精卵移植なので、同じ時期に3頭、オスが産まれていたんです。

その3頭の検査もさせて欲しい、とのことだったので、計5頭のオスの毛根を採取して解析に出したのが5月のこと。

さてさて、いよいよ豊里から夢の種雄牛誕生か…?!と、妄想を大きく膨らませた約1ヶ月半…。

とうとう待ちに待った結果が来ました!

もうねぇ、パッと見ただけで「ん??」って思いましたよ。「枝肉重量」のところ。こんな数値、うちでは見たことない!!

…と言われても、イマイチよく分からないですよね…?

上の写真にもあるように、「H」という評価は、全体の上位1/10以上で、

この牛も、枝肉重量の評価は「H」。

でも、推測するに、かなり「A」に近い「H」なんだと思います。

この牛の枝肉重量の数値が「41.056」なのに対して、

この牛は「109.430」!!

なんだか凄そうΣ(⊙ω⊙)

これはもしかして、本当にうちから夢の種雄牛が出ちゃうんじゃないの?!

…と思ったのも束の間。

昨年だったら間違いなく種雄牛に選抜されていたそうなんですが、今はゲノミック評価を活用することで改良のスピードが格段に上がったのと、人気の種雄牛はそれだけ多くの後代候補牛がいる等々で、今回は残念ながら夢の種雄牛誕生とはなりませんでした…。

そんなに甘くはないですね(。•́︿•̀。)

ま、一獲千金の夢を追い求めず、地道にコツコツやっていきましょう٩( ‘ω’ )و

今、求められている場所…

先週の日曜日と今週の日曜日、2週連続で、次女の通っている幼稚園のお友達が遊びに来ました。

きっかけは、あるお母さんに「ヤマギシの牛とかって、見せてもらえたりするんですか?」と聞かれたことから。

「どうぞ見に来てください。私、牛の仕事してますから」

「どういう時が良いんですか?」

「日曜日なら良いですよ」

で、先週、2組の家族が遊びに来てくれました。この時は、主に乳牛の子牛とロボット搾乳を見ました。

やっぱり子牛は可愛いので、大人も子どもも大興奮!

「和牛の子牛も可愛いんですよ、今度はぜひ和牛の方も見に来てください」と私。

さっそく肉牛部子牛部門の人に話をすると、「それだったら午後の哺乳から来てもらったら?」とのこと。

その時はちょっと想像できませんでしたが、幼稚園のお迎えの時に「次回は子牛の哺乳体験をしてみませんか?」と聞いてみたところ、「ぜひ、やらせて欲しい!」というお返事でした。

「ちょっと体験くらいですか?それともガッツリやりたいですか?」

「ガッツリやりたいです!」

なるほど、これは面白くなりそう…!!

そして迎えた当日。

もう1家族増えて、今回は3家族+うちで総勢14人!

まずはお弁当持参で、いちご狩り農園横のバーベキューハウスに集合し、ランチタイム♪

子ども達からの要望で、予定にはなかった芝すべりもしました☆

そして子牛エリアに移動し、作業着に着替えます。お母さんたちは初めて見る“本物のもんぺ”に大はしゃぎ(笑)。でも子ども達からは「おばあちゃんみたい」って笑われてました…(。>﹏<。)

ご希望通り、“ガッツリ”哺乳体験を堪能してもらい、次はカブトムシ捕り。

最後は豊里ファームでソフトクリーム♡

暑かったし盛り沢山だったしで、すごく疲れたけど、「あ〜、楽しかったな〜」っていう爽やかな疲れ。

遊びに来てくれた3家族も、大満足だったようです。嬉しいですね☆

4月から次女が幼稚園に通うようになって、私の世界も広がりつつあります。

上手く表現できないけど、今、こういう場所が求められてるんだな…という感じ。

こう表現するとちょっと安っぽく思えてしまうのですが、何ていうか、心から“のんびり”できたり“まったり”できたり、そんな空気の中にいることで自然と引き出されるものがあって、人と人とが一気に近くなると言うのかな…、ずっとこの村で生きてきた私には不思議な感覚でした。

この「空気」が、今、求められているのかもしれない。そう感じました。

夢の種雄牛?!

昨年に引き続き、今年も和牛の繁殖メス牛100頭のゲノム解析(遺伝子解析)をしました。

その結果が先日送られてきたのですが、そのうちの3頭が、全国的にも高いレベルの評価だったそうで、先日、家畜改良の団体の方からお電話がありました。

その3頭のメス牛の繁殖状況(妊娠など)の問い合わせだったのですが、将来的に、その牛の子牛(オス)の中から種雄牛の候補になる牛を選抜できたら…という内容でした。血統も魅力なんだとか…。

調べてみると、その3頭のうちの1頭は、すでに出産していて、しかもそれがオスの子牛(写真の牛)!!

「やった〜!」と一時期盛り上がったのですが、残念ながら、その子牛の“父”が非常に重要で、厳しい種雄牛の世界で生き残る為には、“今をときめく種雄牛が父”というのが重要なんだとか…。

そうかぁ…、でも、まだ夢は終わっていません。始まったばかりです☆

そのうち、ここ豊里からスターが誕生しちゃうかも?!

タイミング

牛の分娩は、ほとんどが夜から明け方です。

まぁ日中ってこともあるにはあるのですが、子ども達が見に来られるような時間帯に産んでくれることは、なかなかありません。

しかし、今日は夕方4時過ぎに分娩兆候の連絡が…!

やったぁ、チャンスだ!!と、少し早いですが、この機会を逃すまいと、急いで次女を迎えに行きました。ついでに同い年のさなちゃんも連れて来ちゃいました(´艸`)

初産のお母さん牛なので、分娩には少し時間がかかっていましたが、2人とも粘り強く見守り続けましたよ。

ふと気が付くと、次女はこんな事してました(笑)。可愛い♡

次女の祈りが届いたのか(?)子牛は無事に産まれたのですが、お母さんはヘトヘトで赤ちゃんを舐める余裕がなく、隣のお母さん牛に身体を舐めてもらっていました。

そして赤ちゃんはこれから子牛舎へ移動します。

元気に大きくなるんだよ〜!

片手で抱えられる?

image

5月18日、早産で12kgの子牛が産まれました!
次女の体重が現在13kg弱なので、だいたい同じくらいの重さです!
…ということは、片腕で抱っこ出来ちゃうじゃん!!

普通、早産でこれだけ小さく産まれると、残念な結果に終わってしまうことが多いのですが(あ、こんなに小さく産まれることは滅多にありませんが)、この子は元気そうです。
…で、さっそく娘たちを連れて見に行ってきました♪

牛舎に着くと、大事に大事に保温器で暖めてもらって、スヤスヤ気持ち良さそうに寝ていました…zZZ
起こしちゃってゴメンね。

image

おおきくなあれ~!!

念願だった100頭市場!

image

前日まで降り続いていた雨が心配された5月の松阪子牛市場。

この日は豊里から過去最高、83頭の子牛を出荷しました!
しかも、松阪子牛市場では始まって以来、初めての100頭超え!!
念願叶いました!!
ひぇ~、こんな日が本当に来てしまうなんて…。

更に5月は年に一度の子牛共進会があり、子牛市場は朝から賑わっています。
私たちも受精卵移植を済ませ、急いで会場へ向かいます。
着いた時には、メスの部の選定をしているところでした。

子牛市場に来るのは何年振りかなぁ…。
繁殖部門で仕事をするようになってから初めてのような気がします。

image

で、ついつい気になってしまうのが、やはり子牛の血統。
なるほど、この血統は安定して良い成績なのね、とか、この血統の組み合わせは結構いけるね、とか、へぇ~、この血統に高値が付くの?…などなど。

今日は良いお勉強になりました!
さぁ今後に役立てられるかしら…?