繁殖を学ぶ

長女が通っている小学校では、3年生になると「校区探検」という授業があります。

校区内にある仕事場などに直接行って、そこで色々と学ぶのですが、今年は長女が3年生ということもあり、なんと私の職場、肉牛部繁殖部門にも小学生がやってきました!!

これまでは、ヤマギシと言えば毎年「乳牛」という感じだったのですが、肉牛、しかも繁殖って、小学生には難しいでしょ…?!でもまぁ、受けたからには小学生でも楽しく学べるように考えよう( ・ㅂ・)و ̑̑

当日はそよそよと気持ちのいい風が吹いていて、良いお天気!

まずは屋外で人工授精や受精卵移植など、繁殖のあれこれについてのお話。難しいのでスケッチブックを使いながら、できるだけ解りやすく話します。

次はクリーンルームに移動して、受精卵のお話です。まずは受精卵の写真を見てもらい、その後は実際に顕微鏡を覗いてみます(ノ ◎ Д ◎)ノ

受精卵なんて、一生のうちで見られる機会なんてそうありませんからね、顕微鏡を覗いた後はみんな目がキラキラしてました☆☆☆

そして、今回は特別に精子(ストロー)も融解して顕微鏡で見てもらいました!

受精卵と比べると、ものすご〜く小さくて、ものすご〜く数が多くて、それが全体が波打つように(という表現が合ってるのか…)動いていて、「うわぁ〜!」と驚く子ども達。

たくさん質問して、一生懸命メモして、「紙の裏側も使ったけど書ききれない!」という子も(。>ㅅ<。)

みんなとっても熱心でした。

そうそう、私、すごく必死だったので写真など撮る余裕もなく、エサやりの為にミキサーフィーダーで通りかかった人が遠くから撮った写真を戴いちゃいました(*´﹃`*)

全然雰囲気伝わりませんが…m(_ _)m

さてさて、子ども達はどんな風に感じたのでしょうね…??

☆☆☆追記☆☆☆

後日、3年生の子ども達からお礼のお手紙が届きました!いくつか紹介させてもらいますね♪

一生懸命聴いてくれてたんですね、とっても嬉しいです♡

牛の声

私の職場に遊びに来た次女が、

「今ね、牛が『ふぅ〜⤴⤴⤴』って鳴いたよ」

と言ってきました。

そんなイケイケな鳴き方、する??

牛といえば、『モォ〜!!』でしょ?

こんな絵本があるくらいだしね(笑)。

…というより、普段あまり牛の鳴き声に焦点あててなかったな…。

でも、聴いていたら確かに『ふぅ〜⤴⤴⤴』って鳴くときありますね、しかも結構たくさん。

話は変わって…

3日前から、ダイエットのために牛の放牧を復活させました。

冬の間、全く手入れをせずにいたので凄いことになってしまっていますが、牛たちは喜んで…いると思います(笑)

さっそく子ども達が見に来てくれたのですが、何故か距離を置く牛たち…。

牛が大きな声で鳴くと、キャーキャー喜ぶおチビちゃん(。>﹏<。)ノ゙

のどかな光景です( *^艸^)

また見に来てね〜!!

もう逃げられない…?!

今日は午後から、松阪市にある、三重県畜産研究所へ行ってきました。

昨年9月に投稿した、『日本受精卵移植関連合同研究会』というのが今年は三重県で開催されることになっていまして、なんとその研究会で、私たちのやっている和牛繁殖の事を発表して欲しいとの依頼があり(!)、そのための打ち合わせをしてきました。

実は昨年10月に初めてこのお話をいただいた時は、正直なところ社交辞令くらいにしか受け取っておらず(すみません…)、まさかこんなにも現実味を帯びてくるとは思っていませんでした。

しかも全国の100人200人の獣医さんや研究職の方々を前にしてなんて…、想像するだけでも恐ろしすぎます((((;゚Д゚))))

…と、めちゃくちゃビビっているのは私だけみたい。

そりゃそうですね。なぜなら、今のところ私が発表する流れになっているのですから…。そんなぁ…(涙)。

はぁ…、神様、どうか私に鋼の心臓を授けてくださいm(_ _)m

空港へ

突然ですが、今、セントレアの貨物エリアに来ています。

詳しいことは(私もちゃんと理解していなくて)言えないのですが、昨年から、北海道から三重県へ、受精卵の新たな輸送方法を模索していて、その方法の一つとして、今、こうして(なぜか)私が航空貨物エリアへ来ているのです。

旅客ターミナルからは歩いて10分ほど。

道はめちゃくちゃキレイに整備されています。

…が、人も車もほとんど無し。

しかも、貨物エリア入り口でセキュリティチェック(かなりちゃんとしてる)。

ただでさえ緊張していたのに、これで更に追い打ちをかけられました…。

エリア内は、作業着かスーツの人しか居らず、たぶん私は…浮いてましたね。

これじゃ分かりませんね。貨物エリア内の写真です。

鋼の心臓を持ち合わせていないもので、すみません、これが精一杯のショットです(苦笑)。

ガチガチの私にも受渡所の方はとても親切で、無事に荷物を受け取り、またまたセキュリティチェックを受けて、エリア外へ…。

ふぅ〜、やり切った〜!

…いやいや、これから帰らなくちゃならないんですけどね(笑)。

このつづきは、またきっと投稿させていただきますので、乞うご期待!!

…あぁ、自分でプレッシャーをかけてしまった…(。>ㅅ<。)

京都大学へ

9月19日・20日で日本受精卵移植関連合同研究会 京都大会に行ってきました。

会場は京都大学農学部です。

受精卵移植に関連した研究成果などを発表し、またそれについて質問したり、時には討論したりするのですが、発表する方はもちろん、聴いている方も研究職の方や獣医の先生方がほとんどで、私はついて行くのに必死でした…ε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘

和牛も乳用牛も生産が全国的に減少していて、更に受精卵の数も不足している中で、いかに受胎率を上げるか、いかに効率良く生産するかといった研究がほとんどで、また、こういう場があることで研究(改良?)のスピードも速くなっていくのかな、すごい世界を覗かせていただいた感じです。

発表されている内容は、明日からでも試してみたいものから、もう少しで実用化されそうもの、まだまだ研究過程にあるものなど様々ですが、この2日間で約30ものチームが次々に発表・質疑応答していくので、とにかく私の頭の中は大変なことになっていました…(苦笑)。

でも、とても勉強になりましたよ( ⓛ ω ⓛ )

さてさて来年はなんと三重県津市で開催されます!地元ですね!!

1年後には一体どんな世界になっているのでしょうか…?!

タイミング

牛の分娩は、ほとんどが夜から明け方です。

まぁ日中ってこともあるにはあるのですが、子ども達が見に来られるような時間帯に産んでくれることは、なかなかありません。

しかし、今日は夕方4時過ぎに分娩兆候の連絡が…!

やったぁ、チャンスだ!!と、少し早いですが、この機会を逃すまいと、急いで次女を迎えに行きました。ついでに同い年のさなちゃんも連れて来ちゃいました(´艸`)

初産のお母さん牛なので、分娩には少し時間がかかっていましたが、2人とも粘り強く見守り続けましたよ。

ふと気が付くと、次女はこんな事してました(笑)。可愛い♡

次女の祈りが届いたのか(?)子牛は無事に産まれたのですが、お母さんはヘトヘトで赤ちゃんを舐める余裕がなく、隣のお母さん牛に身体を舐めてもらっていました。

そして赤ちゃんはこれから子牛舎へ移動します。

元気に大きくなるんだよ〜!