餌の話・・その2(TMR)

さて前回は、『発酵飼料』について書きましたが、今回は給餌方法のお話です。

一般的におこなわれている餌の給与方法には、分離給餌TMR法(total mixed rations)の2種類があります。

分離給餌は、それぞれの要素を別々に与える方法です。例えば、まず牧草などの粗飼料を与え、それを食べ終えた頃に濃厚飼料を与えて、夕方にまた粗飼料を与えるといった具合です。昔ながらの方法で、特に機械などを使わずとも行える給餌方法です。

TMR法は、必要な飼料をすべて混合して一度にすべての要素を与える給餌方法です。この方法の良い点は、すべて混ぜてあるので偏食・選り食いを防止して胃の状態を安定させられること、給餌の省力化などで、欠点としては専用の機械が必要で、粗飼料を細かく細断する必要があることなどです。

さて、豊里ではどちらの方法を採用しているかと言うと・・・・両方です

産まれてから6ヶ月くらいまでは分離給餌で、乾燥牧草やペレット状の購入飼料を与えます。それから段々とTMRの自家配合飼料に切り替えていきます。

TMRの給餌は、『ミキサーフィーダー』で行います。これはその名の通り、混ぜ合わせる『ミキサー』と餌を与える『フィード』が一台でこなせる車のことです。

荷台の中は、大きなミキサーになっていて『オーガー』と呼ばれる大きなスクリューがついています。今豊里で使っているのは横方向に4本のスクリューがついているタイプの車です。その他にも『バーチカルミキサー』と呼ばれる縦にスクリューがついているタイプもあります。

この他にも、ワラを細断する機械だとか、大型のホイールローダーだとかTMRする為にはいろいろと装備が必要になってきます。

また、フィーダーの操作はなかなか難しいです。慣れれば簡単に操作できますが、運転しながら、測りをみながら、餌の出方を調整して・・・と両手両足を駆使して操作します。なかなか楽しいですけどね。

前回紹介した『発酵飼料』がうちのTMRのベースとなるので『発酵TMR』などと呼んでいます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です