餌の話・・その3(WCS)

今日は餌のお話その3です。豊里実顕地では、地元の安濃津地域の耕種農家さん達と共に、『稲発酵粗飼料』WCS(ホールクロップサイレージ)を使った、牛の育成に取り組んできました。

H18年に試験的な栽培をお願いしてから、今年で7年目となります。規模も50haを超えるものとなりました。『飼料イネ』の栽培は国の事業などもあり全国的に広がりをみせています。H21年からは『飼料ムギ』の活用も開始しました。これは全国的にも、まだまだ珍しい取り組みです。

他地域をみると、栽培から収穫・調製までを一貫して1軒でおこなわれる例も多いそうですが、豊里実顕地が参加している部会では基本的に、稲づくり(栽培・育成)は耕種農家さん収穫してサイレージに調製するのは畜産農家(ヤマギシ)と、それぞれが得意な分野を担当して分業で取り組んでいます。

そうすることで、もともと持っている機械を活かして新規導入を抑えることができますし、もともと持っている技術・知識(耕種農家さんは稲作、畜産側はサイレージづくり)を活かして専任することで安定した生産が可能になっていると思います。現在は規模が大きくなってきたので、耕種農家さんに専用収穫機をもう一台導入してもらい、収穫は2台体制でやらせてもらっています。

東海農政局のHPに当地域の詳しい解説が載っていますので、紹介します。見てみて下さいね。

東海農政局の資料(PDF)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です