名月を とってくれろと泣く子かな

2歳の三女は、どうやら小さい頃から月を見るのが好きなようです。

まだ1歳の頃だったと思いますが、月を指さして「お月さん、欲しいよ〜!」と何度泣いたことか…。

今は月を見る度に「あ、ひよりのお月さんだ!」なんて言ってます。

さてさて昨夜は本当にきれいな半月でした。またいつもの様に「ひよりのお月さんだ!」と言うのかと思いきや…

「もうひとつの半分は、どこいった?」

ですって…!!カワイイ♡♡

そして今日、娘たちと図書館へ行ったのですが、絵本コーナーのよく目立つ所にこの本があったのです。

なんとタイムリーな!!

長女と次女と私は感激して、この本の内容も確かめずに貸出カウンターへと向かったのでした…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です