京都大学へ

9月19日・20日で日本受精卵移植関連合同研究会 京都大会に行ってきました。

会場は京都大学農学部です。

受精卵移植に関連した研究成果などを発表し、またそれについて質問したり、時には討論したりするのですが、発表する方はもちろん、聴いている方も研究職の方や獣医の先生方がほとんどで、私はついて行くのに必死でした…ε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘

和牛も乳用牛も生産が全国的に減少していて、更に受精卵の数も不足している中で、いかに受胎率を上げるか、いかに効率良く生産するかといった研究がほとんどで、また、こういう場があることで研究(改良?)のスピードも速くなっていくのかな、すごい世界を覗かせていただいた感じです。

発表されている内容は、明日からでも試してみたいものから、もう少しで実用化されそうもの、まだまだ研究過程にあるものなど様々ですが、この2日間で約30ものチームが次々に発表・質疑応答していくので、とにかく私の頭の中は大変なことになっていました…(苦笑)。

でも、とても勉強になりましたよ( ⓛ ω ⓛ )

さてさて来年はなんと三重県津市で開催されます!地元ですね!!

1年後には一体どんな世界になっているのでしょうか…?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です